「小泉式」狙う李明博の年内訪朝

国軍捕虜か拉致被害者を「一人だけでも連れ帰れないか」。秘密接触で打診した韓国の腹は。

2010年3月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

今年は朝鮮戦争の勃発(1950年6月25日)から60周年にあたる。韓国政府は、北朝鮮の捕虜となったまま抑留されている韓国軍の軍人(韓国では「国軍捕虜」という)が560人ほど生存していると推計している。一方、同戦争が停戦となった53年7月27日以後、北朝鮮に拉致された韓国人被害者のうち480人(うち426人が漁師)が帰還していないとも公式推計している。それだけに、2002年と04年の二度にわたった「小泉訪朝」の成果を評価する声は、時間を経ても衰えない。盧武鉉前政権下で北朝鮮への宥和的な政策が取り沙汰されると、「日本は自国民の拉致に対して北朝鮮の最高統治者に認めさせ、謝罪をさせている。日本はここで止めなかった。(横田)めぐみさんの娘と会って、遺伝子検査に備え、彼女の髪の毛を確保する機敏性を発揮している」(「中央日報」06年4月13日付、社説)などと、韓国メディアは「小泉訪朝 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。