「黒澤映画」が新興仕手筋の食い物

不朽のコンテンツを買い取ったデザインエクスチェンジ。甘い蜜に群がった物騒な人脈。

2010年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日本映画界の巨匠、故黒澤明監督の生誕から100年という記念すべき年にとんだ騒動が持ち上がった。舞台は佐賀県伊万里市。本来なら今頃この地では「黒澤明記念館」の建設が着々と進んでいるはずなのだが、予定地には雑草が生い茂ったままだ。事業主体は黒澤監督の長男・久雄氏が理事長を務める「黒澤明文化振興財団」。計画によると、財団は国内外から寄付金を募り、19億円をかけてシネマコンプレックスも備えた複合施設を2010年度内にオープンさせることになっている。「昨年11月に問い合わせたら寄付金が約3億8800万円集まっているとの回答だったんですが……」伊万里市職員は困惑を隠さない。ただでさえ、必要額に足りていない寄付金が、どこかに消えてしまったとの疑惑がここにきて浮上したからだ。財団が佐賀県に提出した07年度決算報告書に記載された資産額は1億4千万円足らず。しかも、現預金など流 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。