「非小沢の核」岡田外相にもチャンス

小沢と菅は表裏一体。前原、枝野ら非小沢「七奉行」が担ぐ岡田のどんでん返しもあり得る。

2010年3月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる事件は2月4日、小沢氏の不起訴処分でいったん収束した。しかし、小沢氏の元秘書、石川知裕衆院議員は起訴され、前原誠司国土交通相は起訴後にも「今後、公判、あるいは新たな局面があるのか慎重に見極める」とクギを刺した。不起訴で矛をおさめた東京地検特捜部だが、6月に予定される検事総長人事への政治介入を防ぐため、小沢氏への捜査を継続する構えだ。民主党の非小沢グループには今夏の参院選を控え、世論次第で小沢氏が再び追い込まれると見る向きがある。いざという時に、彼らが拠り所にするのは、やはり岡田克也外相だ。

七奉行の「不動の筆頭」

岡田と前原は以心伝心Jiji Press誰の目にもポスト鳩山の一番手は菅直人財務相だ。が、菅氏は野党時代から小沢氏を支える立場を貫き、小沢氏と表裏一体と見られている。「菅首相」は小沢氏の権勢が前提で、「政治とカネ」の問 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。