中国BYDの「鉄電池」カーは五里霧中

ローテク、超安値の「草の根EV」には鉄槌。携帯で成功した電池メーカーの参入は、その二の舞では?

2010年3月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

「1年目に車づくり、2年目は売った車の故障修理、3年目で会社が消滅」――粗製乱造が横行する中国車メーカーのそんな宿命から、山東時風グループの劉義発会長も抜けられそうにない。時風はもともと農業用トラックなどのメーカーだが、2007年に思い切ってEV(電気自動車)に進出した。売り渡し価格はたったの2万2千元(約30万円)。08年には「安い!100キロわずか8元」を謳い文句に、山東で売りまくった。ところが、09年に国家新エネルギー法が公布されると、時風はたちまち風前の灯となった。昨年暮れ、劉は大胆にも工業信息部の李毅中部長(大臣)宛に綿々と泣き言を綴り、「中国経営報」に公開書簡として載せたのである。「草の根EVはいよいよ息の根を止められます。以前は何の基準も監督もなく、なんとか2万台を製造して売りさばき、日産60台の生産能力を持つようになったのに、にわかに電動車技術基準 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。