稲盛日航会長の「軍師」 大和証券グループの目論見

2010年3月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

米最大手デルタ航空と2位アメリカン航空の「日本航空争奪戦」は5カ月間の攻防の末、アメリカン陣営の航空連合「ワンワールド」が辛勝を収めた。決め手となったのは2月初めに日航に着任した稲盛和夫会長の「ご意向」。1月末まではデルタ陣営への移籍が有力とされたが、「ヒラメ体質の日航は、移籍リスクを懸念する稲盛会長の姿勢を感じ取り、一斉にアメリカンとの提携維持になびいた」(関係者)。日航や企業再生支援機構、日本政策投資銀行の関係者が驚いたのは「稲盛会長が就任時からアライアンス問題に詳しかった」点だ。「アメリカンとの提携では収益改善が十分ではない」「デルタが言うほどの収益改善は見込めない」――。稲盛会長はこうしたポイントを押さえ、日航担当者らを追及したという。それでは誰が軍師役に付いていたのか。その答えは大和証券グループ本社にほかならない。大和は京セラの主幹 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。