「仕分け」で梯子を外されたIHIに経産省が助け船

2010年3月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

政府の事業仕分けで「無駄な予算」と認定され、中型ロケット「GX」プロジェクトの中止が決まった。民間で研究・開発のリード役を担っていたIHIは梯子を外され、09年度決算で113億円もの損失処理を迫られた。一方、航空・宇宙業界からは「仕分け人による素人判定で開発計画が打ち切られ、あまりにも理不尽」との同情論が噴出し、経済産業省が助け船を出すことになった。経産省は2月上旬から中旬にかけて、アフリカに官民の視察・訪問団を派遣。目的は、日本の小型衛星を売り込むためで、エジプトと南アフリカの政府機関や関連企業を訪問した。この派遣団に、IHIは宇宙関連の子会社IHIエアロスペースとともに名を連ね、「まさにIHIのためのミッション」(参加企業)とされる。経産省も「途上国は衛星を自前で開発する技術力に乏しく、市場開拓のきっかけになれば」と期待を込める。もっとも、途上国の衛星 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。