隠せぬ見返り「政商」稲盛

日航に続きウィルコムにも公的資金。が、恩を売る「梟商」孫正義も腹に一物で、よじれそう。

2010年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

よりによって2社とも「稲盛銘柄」とは――。民主党政権の「後見人」にして稀代の政商、稲盛和夫(京セラ名誉会長)もヤキが回ってきたのかもしれない。77歳の高齢で、会社更生法を申請した日本航空の会長を引き受けたはいいが、どうやらその見返りが見えてきた。京セラが第2位株主(30%)で実質的に主導権を握るPHS(簡易型携帯電話)のウィルコムを再建するにあたり、国に尻ぬぐいさせようという腹なのだ。経営難に陥ったウィルコムは昨年9月末、ADR(裁判外紛争解決)による私的整理を進めていたが、一転して会社更生法で再建をめざす方向になった。が、日航と同じく、国の認可法人である企業再生支援機構(ETIC)に公的資金を注入させるシナリオが明らかになった。ETICは「有用な経営資源を有しながら過大な債務を負う中堅・中小企業、その他事業者を支援する」ために昨年10月に設立されたが、大企業 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。