デフレの淵源は「リアル」の問題

2010年3月号 連載 [隗より始めよ]

  • はてなブックマークに追加

バブルが破裂してから20年、経済停滞が慢性化している。デフレ的症状もなかなか改まらない。この間、政府は毎年のように景気刺激策を講じてきた。国債を増発し続け、公共事業に資金を投じてきた。日銀も、ゼロ%に近い超低金利を維持し、資金を潤沢に供与してきた。しかしこの20年間の平均成長率は1%で、GDPはわずか2割(実質24%、名目16%)しか増加していない(米国は同65%、2.6倍)。株式に至っては依然、ピーク時の3分の1以下の相場にとどまっていて、米国の大恐慌時よりひどい。一方、20年間に公的債務は4倍近く増え、今やGDPの2倍の水準、先進国の中で最悪の財政である。金利は底這い、家計は給与所得があまり増えない中で、利子所得はほぼ放棄を余儀なくされる状態が続いている。過去の経済政策を振り返ってみると、労多くして功少なしと評価せざるを得ない。過去20年の政策は、長期的にみれ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。