「新生銀」が重大局面、増資に中国マネー?

2010年3月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

本誌09年10月号のスクープ(「『新生・あおぞら』銀行合併はご破算か」)で予言したとおり、今年10月の合併が破談となりつつある新生銀行が、3月に重大局面を迎える。金融庁が昨年11月から開始した検査の結果、最低でも1千億円、最大で2千億円程度の引き当てを第4四半期(1~3月)で計上させる可能性があるからだ。新生の今期決算が2期連続の大幅赤字となり、自己資本比率がBIS基準を大幅に割り込めば、前身の日本長期信用銀行の破綻から11年で二度目の“退場”を言い渡されることになる。すでに新聞でも「合併延期」を1月30日付の毎日が、「合併断念」を2月13日付の日経が報じた。新生は肯定でも否定でもないリリースを出したが、仲人役の金融庁がサジを投げるほどこじれていることは、内部関係者も認めている。出戻りの八城政基代表執行役社長(取締役会長)が、合併銀行の社長に内定した池田憲人氏(足 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。