往生際の悪い山崎拓が「新党結成」を画策

2010年3月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

山崎拓自民党前副総裁は、今夏の参院選比例代表への公認申請を党執行部に却下されたが、野望を捨てきれていないようだ。2月4日に開かれた山崎派総会で、山崎氏はこう言い放った。「いよいよ民主党側の政治献金に対して司法の措置が固まる。自民党は結束を重んじて、民主党の独裁政治に対抗し、党の再起を図ってまいりたい!」そこには「公認が得られなければ自民党を離党する」という、山崎氏が一時描いた戦略を打ち消す狙いが込められており、そんな山崎氏に執行部は党総合政策研究所長のポストを与えた。山崎氏に国政復帰の道はあるのか。捲土重来を期すとはいっても、次の総選挙は3年以上先の13年夏(任期満了直前)が有力視されており、73歳の山崎氏には高齢の壁がはだかる。そこで燻るのが新党結成説である。国民新党の亀井静香代表は山崎氏に、「うちに直接来るのは世論がついてこない。やるなら ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。