敗れたり「霞が関守護神」 七奉行も財務省も様子見

2010年3月号 連載 [政々堂々 第15回]

  • はてなブックマークに追加

あの騒ぎはいったい、なんだったのか。そんな展開である。小沢一郎民主党幹事長をめぐる土地疑惑事件は小沢不起訴+元秘書3人起訴で一件落着になると、小沢に関する事件報道は目に見えて下火になった。多くの人々には「もどかしさ」が残っているに違いない。不起訴処分が妥当かどうか検察審査会の審査、あるいは水面下で検察の捜査が続く可能性はある。だが、鳴り物入りの捜査を1年続けて実らなかった以上、現段階で大きく進展する見通しはない。1年前の西松建設事件、今回と続いた後、3回戦があるかどうかは分からないが、ここまでは検察の敗北といっていい。小沢と検察の対決は権力をめぐる「ゴリラとライオンの戦い」だった。小沢はまちがいなく鳩山政権における最高権力者である。それは昨年、ガソリン税暫定税率廃止という政権公約(マニフェスト)を鶴の一声でやすやすと反故にした一件で如実に証 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。