シャープの片山社長、進退窮まる

液晶も太陽電池も危険水域。逆境には向かないプリンスの首を「古ダヌキ」の会長が刎ねるのか。

2010年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「人材払底もいいところだ」と関西の財界人は嘆く。大阪商工会議所次期会頭に京阪電気鉄道最高経営責任者(CEO)の佐藤茂雄が内定したためだ。大阪と京都を結ぶ大手私鉄とはいえ所詮は田舎企業。そのトップが大商会頭では威勢がつかない。現会頭の野村明雄(大阪ガス相談役)の後釜には、シャープ会長の町田勝彦(66)という本命がいた。当初は本人もまんざらではなかったのに、「昨年末あたりから固辞しだした」と大商関係者は漏らす。それもそのはず。御家の大事を抱えているからだ。シャープが2月3日に発表した2009年10~12月期連結決算は、売上高が前年同期比横ばいの7353億円、営業利益は同368億円増の210億円。見かけは業績が回復しているようだが、「先行きを考えると好材料が何もなく、ジリ貧が目に見えている」と業界関係者は言う。シャープといえば液晶。最近では太陽電池も喧伝するが、どち ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。