白柳枢機卿の葬儀ミサに立正佼成会が献身

2010年2月号 連載 [RELIGIOUS WORLD]

  • はてなブックマークに追加

12月30日午前6時45分、ローマ教皇庁の枢機卿、白柳誠一氏が心筋梗塞のため東京都内の静養先で帰天(死去)した。81歳だった。大晦日の新聞各紙は、我が国唯一の枢機卿の死を社会面で一斉に報じた。枢機卿とは、カトリック教会でローマ教皇に次ぐ高位の聖職者のこと。その数は世界中で200人弱。教皇庁の要職を占め、80歳未満の者は教皇選出の選挙権を持つ。マリリン・モンロー主演の『帰らざる河』で知られるオットー・プレミンジャー監督の名作『枢機卿』(62年)では、枢機卿に上り詰める青年の半生がドラマチックに描かれるなど、聖職者の代表的存在といっても過言ではない。日本では、土井辰雄、田口芳五郎、里脇浅次郎(いずれも故人)の各氏に次ぎ、1994年に教皇ヨハネ・パウロ2世から白柳氏が親任された。その後、浜尾文郎氏も職に就いたが、07年に亡くなったため、白柳氏は唯一の日本人枢機卿だ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。