村上 健治氏(大和ハウス工業社長)

住宅着工80万戸時代をいかに乗り切るか

2010年2月号 BUSINESS [インタビュー]

  • はてなブックマークに追加

――2009年の新設住宅着工は、11月までの累計が71万9千戸になり、暦年で45年ぶりに80万戸を割り込みそうです。08年の109万戸に比べて3割近く落ち込みました。村上 昨年以降、予想を超える非常に厳しい状況が続いています。11月に住宅産業界は前原国交相に内需の柱として住宅市場のテコ入れを要望しました。これを受けて、新政権は昨年末、省エネ基準を満たした新築住宅にポイントを与える「住宅版エコポイント制度」を創設し、10年度の税制改正で親などから住宅資金を贈与された場合の非課税枠の特例分を500万円から1500万円に拡大することも決めました。政府の緊急経済対策の目玉に住宅振興が取り上げられたことは朗報です。

中国で大規模マンション開発を展開

――需要回復のきっかけになりますか。村上 住宅版エコポイントは新築で30万ポイント(30万円相当)が上限。贈与税の軽減と合わせて需要を下支えする効果があります。住宅市場 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。