三井住友が仕掛ける「りそな統合」

公的資金返済の腹を固めた細谷会長。巨額の追加増資を決めた三井住友の次の一手に注目。

2010年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

2003年5月の実質国有化から7年、りそなホールディングス(HD)を軸とする再編機運が高まってきた。これまで金融再編に消極的だった細谷英二会長兼最高経営責任者(CEO、64)が、りそなの経営から退くことを前提に、「今年中に実質国有化から抜け出す道筋をつける意向を固めた」(金融庁筋)ためだ。ムードを察知した三井住友フィナンシャルグループ(FG)は「りそな統合」のシミュレーションを密かに再開。年明けに8千億円超の追加増資を発表した三井住友が「成長戦略」を描くには、りそなを呑み込んで、信託を含むフルライン体制を整えるのが早道だ。一方、昨年末、1兆円の追加増資を発表し、財務余力のある三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)も「条件次第」としながらも、りそなHD傘下の埼玉りそなや信託業務の取り込みに「色気を見せている」(金融庁筋)。

預金保険機構と非公式協議

過去にも「りそな再編説」は浮上 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。