「二元外交」の餌を撒く北朝鮮

2010年2月号 連載 [手嶋龍一式INTELLIGENCE 第46回]

  • はてなブックマークに追加

新しい年にいかなる出来事が起きるのかを精緻に見通したい――。経済アナリストならずとも、誰もがそう願っていることだろう。もし6カ月先に生起する事態を正確に予測できるなら、現下の不況など何ほども恐れることはない。競争相手に先駆けて、適確な手を打てるからだ。インテリジェンスとは近未来を言い当てるわざなのだが、情報のプロほど将来をぴたりと予測する難しさを知り抜いている。「世界に冠たる」と形容されるアメリカの情報機関も、忍び寄る危機を事前に警告できた例などほとんどない。なぜ予知に躓(つまず)いたかを検証した報告書はトラックに積みきれぬほどある。真珠湾奇襲から、スエズ動乱、イラク軍のクウェート侵攻、さらには9.11事件にいたるまで、錯誤の葬列が延々と続いている。その一方で迫りくる危機をずばりと警告し、悲劇を未然に防いだケースはごくわずかしかない。最近では2 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。