「野村の独り勝ち」許すふがいない証券業界

2010年2月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

公募増資ラッシュに呑み込まれた09年の株式市場。調達額はバブル崩壊後で最高となる計5兆円にのぼり、エクイティストーリーなき大型増資と、それに伴う大規模な株式価値の希薄化に批判が集まった。証券業界では、既存株主の被る不利益を最小限にとどめるため、新株発行による希薄化率は「20%以下に抑えるのが暗黙の了解」(証券関係者)となっている。にもかかわらず、09年は業界リーダーの野村証券自身が希薄化率20%を超える公募増資を2回も行い、顰蹙を買った。ところが、野村は悪者扱いされる一方で、公募増資などエクイティファイナンスの主幹事を次々と引き受け、50%を超える圧倒的なシェアを獲得した。野村自ら、掟破りとも言える希薄化の露払いを演じたことで、顧客企業が大量の新株を発行する心理的抵抗感は弱まった。そこで今度は持ち前の営業力を発揮し、完全な独り勝ちを手にした恰好だ。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。