三菱自動車を取り込みプジョーが狙う「アジア展開」

2010年2月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

三菱自動車が仏PSA(プジョー・シトロエングループ)の資本を受け入れる方向で提携交渉に入っている。多くのメディアは、資金援助が欲しい三菱と、電気自動車(EV)技術が欲しいプジョーの思惑が一致したという文脈で報じた。「日本のEV技術をカネで買うフランス」という図式を描こうとしているようだが、もう少しプジョーについて学んだうえで論評してほしいものだ。日本ではほとんど知られていないが、プジョーは90年代後半からEVの生産、販売を手がけており、官公庁や大企業向けを中心に6400台以上を生産してきた。09年も、三菱「i-MiEV」のOEM供給車「iOn」などを発表する一方で、国内のベンチャー企業と共同開発した小型ミニバン「ベルリンゴ」をベースとした新型EVを登場させている。またプジョーは元来、ディーゼルエンジンについて高い技術を持ち、三菱にも供給している。11年にはこれとモータ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。