北朝鮮は10月にも「金正銀」推戴

三男の誕生日に大々的な記事。「祝杯」の歌も広がり、着々と継承の下地づくりが進む。

2010年2月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

金正日(キムジヨンイル)総書記は昨夏、幹部たちに大号令をかけたという。経済も外交も「速度戦」で解決せよ、と。「速度戦」は1970年代、金日成(キムイルソン)主席の後継者に内定したばかりの金正日が提唱したスローガンである。金総書記は間もなく68歳。健康悪化もあり、時間は限られているのだ。たしかに昨年の北朝鮮は、7月までとそれ以降では別人格である。4月のテポドン2号発射と6カ国協議脱退宣言、5月の核実験、6月の抽出済みプルトニウム兵器化・ウラン濃縮着手宣言、7月のミサイル発射、とこれまでにないハイペースで強硬なカードを出し続けた。しかし、8月にビル・クリントン元米大統領を平壌(ピヨンヤン)に招き入れ、拘束していた米国籍記者を解放すると、韓国にも突如として融和的な態度に出た。

米韓日に外交攻勢の兆し

そして今年元旦、北朝鮮主要紙が発表した「共同社説」が、外交攻勢の方針を明示した ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。