福間 年勝氏(元三井物産副社長、元日銀審議委員)

どこまでも市場人

2010年2月号 連載 [ひとつの人生]

  • はてなブックマークに追加

「家でも眉間に皺を寄せて、ロイターのポケットモニターを見ている人でした」告別式の最後に立った夫人の挨拶に、会場の空気がふっと和らいだ。いかにも福間さんらしい。会食の席でも為替相場を確かめるために時折、携帯端末のポケットモニターを見ていた姿が目に浮かぶ。棺のなかには、お孫さんの寄せ書きとともに、その日の日本経済新聞が納められていた。どこまでもマーケットに生きた人だった。三井物産の財務畑を歩き、ニクソンショック、二度の石油ショック、プラザ合意、バブルの狂乱と崩壊、アジア通貨危機と幾多の修羅場を切り抜けた。財務担当役員時代、タイ経済の変調を察知すると、海外出張の予定を急遽変更して自ら現地に乗り込んで調査、帰国するやいなやバーツ売りに出て、アジア通貨危機の損を未然に回避するなど、伝説には事欠かない。バブル真っ盛りの財務部長時代、他の商社が特金( ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。