耐えがたい「宰相の言葉」の軽さ

2010年2月号 連載 [硯の海 当世「言の葉」考 第46回]

  • はてなブックマークに追加

この「硯の海」では、筆者の本来の守備範囲である政治を取り上げることが少ない。理由は極めてはっきりしている。書いていて少しも楽しくないからである。書いているうちに、段々、自分の品性がより下がってくるような気がしてくるのである。しかし、今回は書かねばならぬと思った。「言葉」というものを主たるテーマに書いている以上、後世に「証拠」を残す意味でも書かねばならない。鳩山由紀夫という宰相の言葉のあまりの軽さについて。*これまで佐藤栄作首相から鳩山由紀夫首相まで22人の首相を政治ジャーナリストとして観察してきた。言葉も存在そのものも軽い首相は何人かいたが、鳩山首相ほどに言葉の軽い首相は初めてである。もはや「軽い」という表現は適当でなく「限りなく嘘に近い」というべきなのかもしれない。言葉の軽さは、第一に性格の弱さから来るのではないかと思われる。眼前の人に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。