毒が回った日弁連会長選「茶番劇」

法曹一元なき増員で日弁連は機能不全。クレ・サラ弁護士がボス支配に挑む図式も空しい。

2010年2月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

要するに、どちらが勝とうと茶番劇になってしまったのだ。2月5日に投票が行われる日本弁護士連合会(日弁連、会員2万8千人余)会長選挙は、本命が消えるドタバタ劇のあげく、前東京弁護士会会長の山本剛嗣(たけじ)候補と宇都宮健児候補(元東京弁護士会副会長)の一騎打ちとなったが、さっぱり盛り上がらない。法曹増員の「司法改革」に反旗を翻し、若手弁護士の支持を集めた候補も出馬できなくなり、争点が曖昧になったからである。従来の日弁連会長選は、いわゆる主流派による「派閥選挙」が幅を利かせていた。派閥は東京や大阪など大規模単位弁護士会にあり、その歴史は古い。例えば最大の単位弁護士会である東京弁護士会(東弁)では、法友会、法曹親和会、期成会が大きく、その成り立ちはリベラル、保守、革新だが、現実はイデオロギー色の薄い親睦団体だ。任期2年の会長候補は東京の3弁護士会と ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。