「B-CAS」保身の下心 ユーザー登録データ廃棄

正体不明の“ヌエ”。批判を浴びるテレビの限定受信カードが、個人情報などの懸念に譲ったかに見えたが。

2010年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

B-CAS(ビーキヤス)カードをご存じか。デジタル放送用のテレビを買うと、一緒に梱包されてくるあのカードである。差し込まないとNHKは視聴できない。なぜこんな面倒なものが付いているのか。もとは有料放送を見る人のための限定受信システム(CAS)で、2000年に始まったBS(放送衛星)デジタル用だった。そのBを冠しているのだが、今は地上波、CS(通信衛星)の3波受信機に広がり、地上デジタルのコピー制御(ダビング10)システムまで一手に担っている。この“ヌエ”のようなカードを運営するビーエス・コンディショナルアクセスシステムズ(B−CAS)社が、11月初旬にホームページで不可解なリリースを流した。題して「カードのユーザー登録廃止について」。ユーザー登録とは、テレビ購入時、B−CASカードと一緒に梱包されてくる専用ハガキをB−CAS社に送る制度のこと。「カスタマーセンターのリニューアル ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。