バロックからテクノまで疾走する「天才」

『アウフガング』

2010年2月号 連載 [MUSIC Review]

  • はてなブックマークに追加

フランチェスコ・トリスターノ・シュリメ。名前だけを聞き、どこの国の人間か当てるのは難しい。イタリア系ながら、国籍はルクセンブルク。1981年生まれの作曲家でピアニスト。地元ルクセンブルクでピアノを始めたが、最も影響を受けた先生はロシア人。15歳でニューヨークに渡り、ジュリアード音楽院を卒業。現在はカタルーニャのバルセロナに住むコスモポリタンだ。日本で人気のピアノ連弾兄弟「レ・フレール」はルクセンブルク時代の学友という。もう一人のピアニスト、打楽器奏者と3人で組むハイブリッド音楽のユニットの来日記念盤が写真の一枚。バルセロナ、ベイルート、パリを拠点としながら「テクノ音楽発祥の国、ドイツに敬意を表し」、アウフガングというドイツ語をユニット名にしている。20世紀半ばまで、作曲と演奏は一体のものだった。ピアノの世界で言えば、ショパンもリストもラフマニノ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。