有馬日記と二人の後藤

入り乱れる同姓の人たち

2010年2月号 連載 [日記逍遥 第13回]

  • はてなブックマークに追加

日記から物語を紡ごうとするとき、人名索引の存在は何よりもの援軍となる。見逃しはないかと神経を研ぎ澄ます必要もないし、年月のはるか先にその名前を見つけて、物語に奥行をもたらすこともできる。逆に索引のない日記を前にしたときには、目の前に富士の樹海が横たわるような疲労感に襲われる。物語の素材満載の『矢部貞治日記』全4巻も、厖大な長さにもかかわらず索引がないため、パリで出会った横光利一との不思議な交流を追うのにさえ、何度も読み返さなければならなかった。索引が付いていたとしても、あまり役に立たないものもある。『古川ロッパ昭和日記』全4巻などその典型で、索引を一部の人物に限定しているため、「最後の総会屋」上森子鐵や、金子みすゞの実弟で劇団若草の創設者・上山雅輔など、興味深い人物が抜け落ちている。さすがに朝日新聞の名物記者鈴木文史朗は載っていたものの、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。