「アイミーブ」は失格!小池百合子が大ボヤキ

2010年2月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

次世代エコカーの本命とされる電気自動車(EV)だが、高価格や充電施設の少なさなど難点も多い。政界で初めてEVを選挙カーに採用した自民党の小池百合子元環境相の事務所関係者からも「選挙カーには向いていない」とのボヤキが聞こえてくる。「昨夏の総選挙では三菱自動車のEV『アイミーブ』を使った。元環境相としてエコカーによる“エコ選挙”をアピールしようとしたが、一回の充電で走れる距離が短いうえ、選挙区内に充電施設が少なく、しかも充電に時間がかかるので、あまり役に立たなかった」(小池事務所関係者)と打ち明ける。小池氏はアイミーブをリースし「エコ・ユリ」号と命名。リース費用は月8万円ほど。昨年7月の納車式では「世界で初めて電気自動車を選挙カーに使う」と意気込んでいた。ところが、その後、自身のブログで「フロントの計器の右上にあと何キロ走れるかの数字が出る。数字が減 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。