パフォーマンスと侮れぬ舛添「新党結成」発言

2010年2月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

「新しい感覚で政治をする人たちと糾合する必要がある。一つの政党が失敗したときに受け皿になる政党を作る」年明け早々、自民党の舛添要一前厚生労働相が記者団を前に「新党結成」宣言を行った。「一緒になる人が野にいようが、現政権にいようが、自民党にいようが構わない」と、政界再編も視野に入れる考えを示した。舛添氏は「自民党に一番必要なのは小沢一郎氏よりもっと独裁的な指導者だ」と、谷垣禎一自民党総裁の「指導力不足」を厳しく批判。12月から政治家志願者や元議員を集めた「舛添政治カレッジ」も開講している。そんな舛添氏の「新党結成」宣言に、党内では「ポスト谷垣を睨んだパフォーマンス」「誰もついていかない」と冷ややかな見方が多い。が、舛添氏は水面下で執行部に批判的な菅義偉・元総務相とも連携しており、菅氏も「舛添氏となら一緒にやれる」と周囲に漏らしているという。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。