「日航略奪」を目論むデルタの背後にゴールドマン

2010年2月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

会社更生法の適用による経営再建に乗り出す日本航空。同社をめぐっては世界最大手の米デルタ航空と、米で2位のアメリカン航空が提携交渉でぶつかっており、日航の選択が焦点になっている。「どちらの陣営を選ぶかによって日航再建のあり方は大きく変わる」(国土交通省関係者)ためだ。日航のもともとの提携先、アメリカン航空は米投資ファンドTPGと連携して14億ドルの出資を提案。一方、日航略奪を目論むデルタ航空は「投資ファンドなどと組まず、単独で10億ドルの金融支援」を表明した。日航社内には「投資ファンド」への警戒があったうえ、デルタはアジア路線の強化など提携効果も強いとされ、デルタ陣営に決まる公算が大きい。だが、デルタの「単独出資」を信じるのは無邪気すぎる。投資銀行幹部は「田舎者のアメリカンは正直にTPGとの連携を公開したが、M&A慣れしたデルタは資金源を秘匿した」と ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。