アジアへのシステム輸出に勝ち抜くには

2010年2月号 連載 [隗より始めよ]

  • はてなブックマークに追加

年末決定された民主党の「新成長戦略」の目玉施策の一つに、「システム輸出によるアジア需要の創造」が掲げられている。具体的には、「新幹線・都市交通、水、エネルギーなどのインフラ整備支援や、環境共生型都市の開発支援に官民あげて取り組む」とある。リーマン・ショック後の経済危機で、製品の対欧米輸出に依存してきた日本経済の脆弱性が露呈した。将来も高齢化の進展により労働人口が減少し、内需だけに頼った成長は望めない。そこで、勃興するアジア・新興国の需要を安定的内需として取り込んでいく試みとして、システム輸出の推進は意義ある挑戦だ。アジアだけでも、電力・運輸セクターを中心に年間約7500億ドルのインフラ需要が見込まれている。日本には、原子力、鉄道、太陽光発電など優れた低炭素関連技術がある。それを活かして、インフラ案件獲得競争に勝ち残る道があるはずだ。しかし、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。