日銀は「テイラーの公式」逸脱

経済学教科書を外れた非常識。金融政策「テイラー・ルール」で試算すれば、「量的緩和」をサボタージュしている。

2010年2月号 BUSINESS [脱デフレ「やるやる詐欺」]

  • はてなブックマークに追加

12月18日の日銀政策決定会合と、その直後の総裁会見を受けた本誌編集長ブログ「人知れず微笑まん――日銀総裁の奇妙な会見」(09年12月21日)をFACTAオンラインで読んでいただくとわかるが、前号記事(「白川日銀は『デフレ誘導』」)は、少しばかり日銀関係者を煩わしたようだ。だからというわけではないが、暮れに白川方明日銀総裁がテレビ出演(テレビ東京と日経CNBC)し真意を説明したので見てみた。「ファミレスに行ったら、こんなに買えるのかと驚いた」番組はそんな発言から始まった。ちょっとこれはいただけない。親しみやすい印象を演出したつもりだろうが、民の下情を見たりと言わんばかりで、反感を覚えた人が多かったのではないか。正直いえば、筆者はテレビや新聞は基本的に見ない。あまりにジャンクな情報ばかりで見るに値しないからだが、日銀総裁がテレビに単独で出るのはかなり珍しい。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。