「小沢の傀儡」原口総務相が大盤振る舞い

地方へのバラマキを財務省にねじ込んだ総務相。自民党支持基盤を突き崩すためなら何でもありか。

2010年2月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

一般会計の総額で92兆円台に膨れ上がった2010年度の政府予算案。新規国債の発行額も44兆3千億円と当初予算としては過去最高になった。37兆4千億円まで減る税収を大幅に上回る。まともな神経の持ち主なら、借金に頼って年収の2倍以上の生活水準を維持することなど考えない。財政規律を失わせた一端は、地方へのバラマキを財務省にねじ込んだ原口一博総務相にある。民主党のマニフェストにすらなかった地方交付税の1兆1千億円増額を強硬に主張。地方の無駄遣いや高い給与水準には目をつぶり、大盤振る舞いを実現させた。おかげで、地方全体では地方税に交付税などを加えた一般財源ベースでプラスを確保した。国が将来の交付税で支払うことを約束した、臨時財政対策債(臨財債)という名の地方債まで加えた実質的な交付税は、24兆6千億円と過去最高である。臨財債が実質的な交付税と言われるのは、元利の10 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。