シャープ太陽電池が失速 「堺工場」フル稼働に赤信号

鳴り物入りのハイテク太陽電池の設備構築が難航。片山社長の経営責任に発展する恐れも。

2010年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

シャープの片山幹雄社長が2007年の就任早々に打ち上げた「21世紀型コンビナート」構想の雲行きが怪しくなっている。大阪・堺市に世界最大級の液晶パネルと太陽電池の生産工場を建設し、10年3月までに稼働させるというのだが、太陽電池の生産計画が大幅にずれ込む懸念が生じている。11月末、三洋電機は12年にシャープを抜き、太陽電池市場で国内トップの座につくとの挑戦状を叩きつけたが、仮にシャープの太陽電池事業が失速し、ライバルにシェアを大きく奪われるような事態に陥れば、深刻な経営問題にまで発展しかねない。

「薄膜3層式」に技術的問題

シャープが推進する「21世紀型コンビナート」とは、単なる液晶パネルと太陽電池の量産工場ではなく、ガラス基板や特殊ガス、電子材料などの製造部材メーカー約20社を集積して、あたかもコンビナートのごとく高い生産効率をめざすというもの。敷地面積は約127万平方メートル。総 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。