菅戦略相の陰に隠れる藤井財務相の責任逃れ

2010年1月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

「鳩山財政」の要、藤井裕久財務相の姿がかすんでいる。行政刷新会議が行った「事業仕分け」ではまったく出番がなく、総額7兆2千億円で決着した09年度第2次補正予算案の編成の際も、亀井静香金融担当相が8兆円以上を主張しても、調整に動く素振りすら見せなかった。毎晩、自宅に押しかける新聞記者への対応もそっけない。第2次補正予算案の編成見通しを問う記者たちに「私は何もしませんから。調整役は菅(副総理兼国家戦略担当相)さんに任せています。全部、菅さん、菅さんだ」と言って煙に巻くばかりだった。「機を見るに敏な藤井氏は、亀井氏とバトルを展開した菅氏の陰に隠れて、嵐が過ぎ去るのを待っていた」(民主党関係者)との見方がもっぱらで、いまや「藤井財務相は泥を被らない」と酷評される始末だ。藤井氏は09年9月に財務相に就任した直後、「予算編成権は財務省にある」と豪語し、財務省 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。