民主党「病院一辺倒」の落とし穴

長妻厚労相が「療養病床削減」を凍結。日医を敵視するあまり、大局観を失っていないか。

2010年1月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

75歳以上の高齢者が急増し、20年後には人口の約20%、2200万人に達するのが我が国の少子高齢社会である。世帯主の構成をみると65歳以上が40%となり、そのうち単身者だけで37%にも及ぶ。当然ながら、死亡者に占める高齢者の比率も高まる。75歳以上の死亡者は5年後には97万人で全体の77%を占め、その10年先には86%まで上がる。医療・福祉政策では、こうした変化による構造転換が迫られている。施策対象者を若者・中年層から高齢者に、大きくシフトしなければならない。また「高齢者が病気になれば病院へ。自宅復帰が難しければそのまま入院を続け、最期の看取りも病院で」という今までの常識では、膨大な高齢者数に財政負担が追いつかない。「生活の場」ではない病院で長期間暮らすのは非人道的でもあり、病院依存でない医療の新プランが切望されている。

訪問診療の流れが止まる?

現在、日本人の死亡場所は病院が8割以上、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。