日経が値上げ! 「1部160円」の波紋

2010年1月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

日本経済新聞社が元旦から駅、コンビニなどのスタンドでの即売価格(1部売り)を値上げする。朝刊が現行の140円から160円に20円(14%)、夕刊は50円から70円に20円(40%)引き上げる。物価下落が続くデフレ時代に強気の価格戦略と見られそうだが、実は日経の腰は引けている。同社の発行部数は300万部余りだが、即売比率はわずか10%。9割を占める月極めの購読料は朝夕刊ともに据え置く。このため、即売の値上げによる増収は年間5億円程度にしかならない。売り上げ3600億円(連結)の日経にとって大した金額ではない。さらに値上げに伴う販売経費が1億円ほどかかるため、増益効果は差し引き4億円と見込んでいる。ただし、これは値上げに伴う販売減がないと仮定したソロバン勘定で、実際には部数減が避けられないため、収益はさらに縮小するだろう。新聞業界では94年以降値上げがなかったが、06年6月、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。