天皇を蔑ろ小沢「おもねり外交」

常軌を逸した、中・韓政府を悦ばせるパフォーマンス。なんとまぁ、思い上がった精神構造ではないか。

2010年1月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

民主党の小沢一郎幹事長が「おもねり外交」で、異様なほどの対中、対韓傾斜を見せている。その典型が、12月10日から13日に北京を訪問した民主党大訪中団だ。米軍普天間基地の移設問題がこじれ、鳩山由紀夫首相がコペンハーゲンでの日米首脳会談を拒否されたちょうどその時、最高実力者の小沢氏は、過去最多の国会議員を率い、北京で胡錦涛中国国家主席と握手した。まるで米国への当てつけである。国際社会にこれほど誤ったメッセージを発する外交があるだろうか。民主党訪中団の正式名称は「(日中)交流協議機構・長城計画訪中団」。民主党国会議員143人(衆院議員116人、参院議員27人)に後援会関係者を加えた640人で、名誉団長は小沢氏、名誉副団長が参院のドンこと輿石東参院議員会長、団長が山岡賢次国対委員長だ。事務総長は細野豪志組織委員長が務め、北京で民主党役員会をそのまま開ける陣容だ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。