「イラク審問」被告台のブレア

英国議会政治は小沢民主党幹事長のお手本。ならば、ブレアと同じく小泉元首相も…。

2010年1月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

12月のロンドン――冬が深まるにつれて、国会議事堂の向かいにあるクィーン・エリザベス2世会議場(QEⅡ)で、11月下旬から始まった英国の03年イラク侵攻作戦参加の是非をめぐる独立調査委員会(Inquiry)の証人喚問が、大詰めを迎えている。年明けにはトニー・ブレア前首相も呼ばれる予定で、喚問が行われる部屋では、その場しのぎの証言で取り繕おうとする証人に対して、真相を究明する委員会側の質問が徐々に鋭さを増してきた。初日の11月24日。会場の前には抗議デモの人々が集まり、理非を争う大物たちを見守っていた。はきはきした弁護士らしい声の委員長、サー・ジョン・チルコット(70)が、ブリーフケースを小脇に抱えた助手を従えて、足早に場内に入っていく。野次馬が声をかけた。「任せたぞ! サー・ジョン。悪党をとっちめろ!」チルコットが笑みを浮かべた。どんな政府も安心して仕事を任せ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。