「汚れなき数学」が育てた天才

『完全なる証明』

2010年1月号 連載 [BOOK Review]

  • はてなブックマークに追加

理解できぬ、手に負えないものは敬して遠ざけるのが常だが、それでも、いつまでも気にかかる。中学生以来縁を切ったつもりでいながら、時折「誰でもわかる」などと惹句のついた本を見かけると、つい手を出して途中で投げ出すのが数学である。そんな数学関係? の本に久しぶりに手を伸ばしたのはもちろん、副題の「100万ドルを拒否した天才数学者」に惹かれたからである。数学のなかでも難問中の難問、1904年にフランスの数学者アンリ・ポアンカレが定式化し、100年近く解かれなかった「ポアンカレ予想」。それを完全に証明し、しかもフィールズ賞の名誉やアメリカの数学研究所が用意した賞金も拒否して、姿を消してしまった天才数学者がいる。その男グリゴーリー・ペレルマンはなぜ難問を解けたのか、なぜ数学の世界を捨ててしまったのか、そして、なぜ賞金を受け取らないのか。そんな疑問に彼と同年代 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。