創業夫妻の「私物化」の果てジャストシステムの命脈

2010年1月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

ワープロソフト「一太郎」や、かな漢字変換ソフト「ATOK」を主力製品とする、日本語入力ソフトのパイオニア、ジャストシステムの経営が揺れている。79年に浮川和宣・初子夫妻が創業した同社は、85年に一太郎が爆発的にヒットして一時代を築いたが、その後、米マイクロソフト「オフィス」シリーズの攻勢を受けシェアは激減。06年3月期以降は4期連続の赤字だ。教育用から企業向けまで、多様なラインアップを抱えるが、一太郎やATOKに続くヒット商品を生み出せないことが苦境の原因となっている。元社員は「会社は創業者2人に私物化されていた。シナジー効果もない思いつきのような多角化で、回収できない投資が膨らんでいった」と語る。同社は4月、計測機器大手キーエンスから45億円の出資を受けて子会社となり、6月には和宣社長が会長へ、初子専務が副会長へ退く新体制で起死回生を狙っていた。しかし、1 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。