普天間「県外」候補に馬毛島も

オバマ離日後に、密かに米軍ヘリ2機が種子島西方海上を飛んだ。そこに浮かぶ別の位相。

2010年1月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

11月14日、日米首脳会談を終えたバラク・オバマ大統領がシンガポールのアジア太平洋経済協力首脳会議(APEC)出席のため、鳩山由紀夫首相より1日遅れで離日した翌日、密かに在日米軍の施設担当の幹部たちがヘリ2機に分乗して、日本のある地域を視察した。鹿児島県西之表(にしのおもて)市馬毛島(まげしま)――といっても、地元以外は誰も知らないだろう。種子島の西方13キロ沖合にある無人島である。なぜ米軍幹部が今ごろそんな僻地に行ったのか。本人たちも釈然としなかったが、ここが沖縄駐留米軍の海兵隊普天間基地からの「危険分散先」の候補と目されていることを意識していた。鳩山政権の「迷走劇」と言われる普天間移転問題だが、首相が模索する「県外移転先」へ先回りして米軍幹部が視察したという事実は、水面下の日米の角逐が別の位相を持っていることを示している。新聞などメディアが描く構 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。