毎日新聞の共同通信加盟で新聞業界は大騒ぎ

2010年1月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

本誌がスクープした毎日新聞社の共同通信社への加盟が、11月26日に正式発表された。毎日の朝比奈豊社長、共同の石川聰社長に加え、共同通信加盟56社を代表して理事会長の多田昭重・西日本新聞社長が会見に臨み、「毎日、共同、共同加盟社が包括提携に合意した」と述べた。ところが、これに対して北海道新聞社(道新)などから「包括提携は聞いていない」とクレームが相次ぎ、石川社長は12月4日に再び会見を行い、「『包括提携』という言葉が読者や関係者に誤解を与えた」と釈明するに至った。「共同の理事会では、毎日の加盟だけが了承された。加盟十数社と毎日が進めている高校野球などの事業共催や記事の交換、印刷・販売面での協力を『包括提携』という言葉で説明したのがよくなかった。共同の社長らの処分は理事会預りになっている」と関係者は明かす。とはいえ、最初の会見で多田社長は「どういう ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。