中国「人工降雨ロケット」の気味悪さ

大気中にヨウ化銀などの触媒を撃ち込む独自技術に大義名分。人工降雨による国土改造も。

2010年1月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

11月10日、北京はこの冬2度目となる吹雪に見舞われ、一面の銀世界となった。1万5千人を超える作業員が市内の除雪に駆り出されたが、多くの道路が雪のため通行止めになり、隣接する河北省から北京に入るための高速道路も遮断された。「没弁法(メイバンフアー)(しかたがない)」――。あたりまえの降雪であれば、その一言で済ませるところだ。ところが、この吹雪が人工降雪によるものだったことが伝わると、事前通報がなかったことに対して、ネット上に不満の声が氾濫した。というのも、9日前の11月1日も、北京は人工降雪による大雪に見舞われていたからだ。北京で11月に雪が降るのは22年ぶりのこと。翌日の交通機関は大混乱となり、とくに北京首都国際空港では257便中200便が遅延した。多くの乗客が空港で10時間以上も待たされた。北京では「暖気(ヌアンチー)」と呼ばれる建物ごとの集中暖房システム ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。