新聞社にもリストラの嵐朝日、日経も希望退職募る

2010年1月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

新聞業界で希望退職の募集が目立ち始めた。09年に産経新聞と時事通信がそれぞれ約100人、約30人を募ったのを皮切りに、10年初めに朝日新聞が100~200人の希望退職の募集を計画、日本経済新聞も広告部門を中心に募るようだ。朝日も日経も赤字に転落しており、広告収入の落ち込みが激しく、今後の改善が見込めない。産経の募集は、全社員の5%が目標だった。朝日は約5500人いる社員のうち2~4%を希望退職で減らす方針という。日経では、子会社の日経BP社がすでに50人規模の募集に踏み切っている。広告収入がピーク時の半分以下に落ち込んだ日経は、だぶついた広告部門を中心に4千人の社員の2~3%程度(80~120人)を募集するとみられる。さらに「営業職を印刷現場に配転する」という厳しいアイデアも浮上している。希望退職の呼び水となる退職金上積みでは、社によって格差が出そうだ。朝日は「60歳の定 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。