「幸福実現党」が参院選に挑戦大川総裁と子息に「葛藤」

2010年1月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

衆院選で300人を超える候補者を立てたものの全敗した幸福実現党。ドタバタの末、大敗の責任を取って党総裁を辞任した大川隆法氏は、母体の宗教法人「幸福の科学」の総裁として宗教活動に専念。現在の党首は、教団の元総裁秘書長である木村智重が務めている。10月に行われた神奈川と静岡の参院補選でも候補者を立てたが、最下位に終わった。それにもめげずに11月22日、「再始動大会」を開催。当日、会場で大川総裁の講演ビデオを流し、全国の支部に衛星中継された。夏の参院選に向けて結束を確認したという。「1月にも第一次候補者を発表する見込み」(教団関係者)で、木村党首の全国区当選を目指している模様。政界進出の野望は変わらぬようだが、大川氏はこんな弱音も吐いている(以下、11月に滋賀で行われた講義を信者がまとめたもの)。「選挙中、迷った。準備不足……負けるとわかっていたので、やっ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。