ヤマダ電機 忍び寄る「第二のダイエー」

「家電維新」と銘打って池袋に巨艦店オープン。家電以外に手を広げたコングロ化は、高コストで利が細る。

2009年12月号 BUSINESS [企業スキャン]

  • はてなブックマークに追加

JRや地下鉄、私鉄のターミナルである東京・池袋駅前に10月30日、家電量販店業界トップのヤマダ電機が国内最大級の売場面積約7千坪を誇る「LABI1(ラビワン)日本総本店 池袋」(地上7階・地下2階)をオープンした。約150万点の品揃えは「世界最大級」とヤマダ電機では自画自賛する。開店前日の記者会見でも、ヤマダ電機の一宮忠男社長は、こう自信のほどを語った。「今回われわれが考えたことは、『この店を見ずして家電は語れない』ということです。まさにこの店を見れば日本のすべての家電が分かる、その名前のごとく当社が考えられるすべてのノウハウを、このお店に集積させていただきました」そして最後をこう締めくくった。「このお店がさらに地元に密着し、そして地域の商業の活性化をさらに推進していきたい」しかし池袋は、駅周辺に5店舗を構える業界3位ビックカメラの牙城である。2年前にヤマ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。