新宗連が「アンチ霊感商法」キャンペーン

2009年12月号 連載 [RELIGIOUS WORLD]

  • はてなブックマークに追加

70教団で構成する新日本宗教団体連合会(新宗連、岡野聖法理事長)は、加盟教団などのニュースを伝える「新宗教新聞」を月に1回発行している。その10月25日号が、フロントページのほぼ全面を使って、宗教界のダークサイドについて報じた。まずは小さな記事が二つ。一つ目は、京都市で開かれた「不活動宗教法人対策会議」の模様で、売買の対象にされたり、脱税などに悪用されたりする休眠宗教法人の問題について、文化庁の担当者が現状報告を行ったという。二つ目は、救済を説く宗教がなぜ暴力と結びつくのかを、オウム真理教などのカルト問題に詳しい研究者、弁護士が考察したシンポジウムの模様を報じていた。そして、トップ記事は「霊感商法、カルト対策を」。サブタイトルには「止まらぬ被害に摘発続く」とある。全国霊感商法対策弁護士連絡会(全国弁連、山口広事務局長)が10月に開いた全国集会が5 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。