大阪読売広告社がお取り潰しになった理由

2009年12月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

読売新聞大阪本社の100%出資子会社、大阪読売広告社(大阪市)は11月6日、臨時株主総会を開き、清算を決議した。株主総会といっても、株主は読売だけ。関係者によると、お取り潰しの原因は、社員の「不祥事」。これに親会社の大阪読売が激怒したためという。近く刑事告発が行われ、逮捕者が出るとの噂も出回っている。大阪読売広告社は従業員約120人(06年3月期)。売上高は128億円(同)で広告業界44位。大阪読売の広告を専門に扱う代理店で、業界ではマンション広告に強みを持つ会社として知られていた。ある関係者は「同社の幹部が旧日商岩井(現双日)系デベロッパーと癒着して不明朗な取引を行い、過剰接待を受けていた」と漏らす。大阪読売広告社だけでなく、東京の読売広告社(売上高広告業界6位)や朝日広告社(同10位)、日本経済広告社(同15位)など新聞社系のハウス代理店は、新聞広告の激 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。