ペンタックスのデジカメ買収にJVC・ケンウッドが名乗り

2009年12月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

光学レンズ大手のHOYAが、傘下のペンタックスのデジタルカメラ事業に見切りをつけ、その買収に音響大手のJVC・ケンウッド・ホールディングスが動いていることが明らかになった。ただし、ペンタックスのデジカメは「シェアがベスト10圏外に低迷し、ブランド価値も乏しい」(精密大手)ため、交渉は難航しそうだ。HOYAは07年にペンタックスをTOB(株式公開買い付け)により買収し、08年に吸収合併した。HOYAがペンタックスを取り込んだのは「内視鏡など成長分野の医療機器の獲得」(関係者)が狙いだった。当時からデジカメ部門は「お荷物扱い」されており、投資銀行を通じて水面下で買い手を探していた。これまでにオリンパスなど同業他社に売却を打診したが、条件面で折り合わず、最後に浮上したのがJVC・ケンウッドとされる。もっとも、JVC・ケンウッドも経営再建の途上にあり、ファンドなども買収資金 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。