破天荒「小沢流日本改造」の核心

内閣は原口、党務は細野、国会は松本と新世代の首相候補を抜擢し、自民党の息の根を止める。

2009年12月号 POLITICS [自民党の息の根止める]

  • はてなブックマークに追加

政策決定は首相・鳩山由紀夫が率いる内閣のお手並み拝見、自らは党務で「選挙と国会」に邁進する――民主党の幹事長・小沢一郎がこう宣言して2カ月。ふらつく鳩山を尻目に「選挙と国会」を基軸とする「新・日本改造計画」を着々と進める。小沢を補佐する新世代の「三本の矢」もじわりと存在感を増してきた。「地方の陳情、業界の要望は往々にして不明朗な形で行政に届けられ、政官業の癒着の温床になってきた」「民主党は各都道府県連が受けた陳情や要望を党中央に届けるルートをしっかり確立し、政治主導で優先順位をつける仕組みにしたい」11月3日、岡山市内。民主党の県連(代表=内閣府政務官・津村啓介)が招いた9市町村の首長らを前に、副幹事長・細野豪志(衆院静岡5区、当選4回)が熱弁を振るった。 破天荒な「分権型陳情への改革」構想は細野が中心になって取りまとめ、前日の2日の党役員会で決 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。