危なっかしい峰崎「新政府税調」

心意気ばかりで議員間の論議が迷走。結局、増税路線の財務省シナリオに乗るしかない?

2009年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「自民党時代の二元的な税制調査会は、いろんな意味で混乱をもたらした。議員だけで構成された(新政府税調の)姿はまさに画期的だ」10月8日、新たな政府税制調査会の初会合に出席した鳩山首相は、一新されたメンバーの顔ぶれを見ながら、満足げに、こうあいさつした。これまでは、議員からなる与党税調と、有識者らで構成される政府税調という二つの税調があった。首相から税制改正の諮問を受けるのは政府税調だが、その答申はほとんど生かされず、税制改正の決定権は与党税調が握り、さらにその中の「インナー」と呼ばれる少数の族議員に委ねられていた。税制についてはこれまでも「政治主導」だったわけだが、インナーによる協議は業界団体の要望に基づいた利害調整が中心だった。納税者の目が届かない密室で300を超える租税特別措置、すなわち特定業界への「隠れ補助金」まがいの税制優遇が生まれ、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。